忍者ブログ
[339]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333]  [332]  [331]  [330]  [329
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハイハイ






4月21日


映画





「地獄の黙示録 特別完全版」


あらすじ
ベトナム戦争下のカンボジア国境にて「神の国」なるものを築いている元グリーンベレー隊長カーツ大佐の暗殺を依頼され、再び戦場に向かう帰還兵ウィラード大尉。
カーツの元に辿り着くまで、様々な戦争の場面に出会う事となる…


ベトナム戦争ブームの大元映画
後発作品の「プラトーン」は第二次ブームなんて言われてますね

戦争もの、というかバイオレンスなものはあまり好きではない+何より長いので避けていたのですが、
ついに見る時が来たようです


内容としては戦争の狂気というもの
それも生き死にということだけではなく、もっと根本的な戦う意義の話

序盤にして、いきなりの山場の「ヘリコプター部隊のワルキューレ」はわかりやすい導入になってました
サーフィン好きの隊長がイイ波の来るエリア欲しさ優先で進行するし、
戦闘中の最中にサーフィン始めたり、面倒くさくなってきたから的な感じでナパームで戦場を無駄に荒らす


その他、慰問のキレーなお姉さんに熱狂したりとか薬中の兵士とか
極めつけのアメリカ側最終ラインだったかの橋のエリアの出来事
暗闇の中で敵の姿は映らず、ただアメリカ兵が絶叫しながら機銃を壁の向こうに撃ちまくっている
もう何と戦っているのかすら見えてこない恐ろしさを感じました

カーツに会ってからラストまで云々と、話筋自体は単純だと思います
あの映像表現、心理描写は鬼気迫るものがありました


こういう有名作品見て淀川さんのコメントをyoutubeで見るとすっごい勉強になる











「陽気なギャングが地球を回す」


あらすじ
演説の天才、ウソを見抜く男、スリの名手、完璧な体内時計の女
この4人が出会ったのは銀行強盗の最中。
「自分達なら、このチームならもっと上手くやれる!」
そう確信した彼らは銀行強盗として世間を賑わしていくが、それと同時に同族からも狙われることになり…


伊坂幸太郎
「フィッシュストーリー」に近いノリ

邦画で考えれば珍しいテイストの映画な気もします










「愛のむきだし」


あらすじ
ユウは毎日「罪」を探していた。
父はクリスチャンの神父で、己の不始末から厳格を越え、毎日ユウに「懺悔」を無理矢理強要する虐待を行っていた。
母親は小さい頃に他界し、「マリアの様な人を見つけなさい。」と言われたことをユウは大事に覚えていた。

ユウは街のワル達と行動を共にする様になり、そして悪さをしては手土産の様に罪を父の居る教会に持ち帰った。
次第にもっと大きな罪が必要と考え、神父の最も嫌うもの「エロ」にまつわる悪事を学ぶ。

盗撮だった。

女性の股間をバッシャバシャと華麗にすっぱ抜いていく。
それを父に見せると今までにない怒号を喰らい、その時だけ「親子」に戻った感覚を得て「愛」を感じる。


しかし、ユウはこの盗撮を始めてから気づく事があった。
まるで興奮しないのだ。勃起不全もいいところの無反応。
それを解決してくれるだろう媒体こと「マリア」を求めて盗撮は上達していき、次第に彼の仲間も教えを乞い始める。

仲間達の腕も上がり、定期的な発表会をするほどになる。
ユウもプライドに賭けて、負けたら罰ゲームを受けてやろうと啖呵を切って惨敗する。
罰ゲームは「町内を女装して歩き、誰かに『好きよ』と言ってキスする」というものだった。

罰ゲームの最中、チンピラに絡まれながらも全く引かない女子高生ヨーコをユウ達は発見し、共闘する事に。
片付いた直後、風に煽られてめくり上がった女子高生のスカート。
初めてユウは勃起を体験する。

ヨーコは助けてくれた人間に恋をする。こちらも初めての感覚。
戦闘中に惚れてしまった様子で興味津々に名前を訪ねると

「サソリ」

と答えられるが、ヨーコはもう夢中。
そしてユウは罰ゲームの通りキスまで果たすが、これのせいでヨーコは自身をレズだと思い始め…






長いね
冒頭こんなんです


えっと
上下巻とありまして、別っこでのレンタルになります
その総時間4時間とか


しかしこれもまた見ておくべき邦画な様で
「エロ」だの言ってますが、性的な方面は軽めに扱う感じで
むしろバイオレンス、サスペンスの比重が大きいです

血がドバーーーーっ!!!!とか好きじゃないんですが…
宗教がメインでそういうのも好きじゃないっていうか…


「サソリ」っての見た目が完全に「女囚サソリ」です


とは言ってもですよ
パワーはめちゃめちゃある作品で見ごたえは十分でした、おなかいっぱい
打倒!悪い組織!!みたいなのは燃えるわ

展開の読めないギリギリ感が良かったり
だってすぐ殺しちゃいそうになるんだ、こいつらイカれてる
「ベティ・ブルー」のあのうんざり感の一歩手前みたいな

何のかんの時間の長さは気になんなかったし
もっかい見てもいいかなーて気にはなる、長いのに

バイオレンス系に耐性があれば、是非見て欲しい作品です
変態な奴が一番まともでした



ではでは
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
| HOME |
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
みらいくん
性別:
男性
職業:
地球防衛軍
趣味:
いろいろ好きなんです
自己紹介:

(´●ω●`)ハローベイビー
最古記事
(08/25)
(09/01)
カウンター
拍手
忍者ブログ [PR]