忍者ブログ
[154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハイハイ



まったくどうかしてる…
来週末から出張で2、3週間更新出来そうも無いのに…




6月5日


ついに始まったピンポン野球研究記
みんな必ずやってるのに、意外と情報が少なく
ネット上でも数えるほどしか無い

現役を離れた身ですが、この知識が役に立てばと




ある時は体感130km/hほどの球が走り
またある時は胸から膝まで球を曲げる
吐き気がするほど投高打低の畜生道

そんなロマン溢れるスポーツ、ピンポン野球
その魅力は闇のように深い…





スタートとなる今回は、簡単なルールの説明だけ

※大学生基準(体育会系、文化系共通)





ボール

卓球用の黄色いボール
白いのは見えません

ダイソーの6個入り100円がよろしい






投手とバッターの距離

現在、軽く大股で8〜9歩離れるのがイイ具合とされてる
この軽くが大事さ!

それなりに力を入れないと届かず
それなりに疲れてくる

打ち込まれると「まだ投げねば…」の絶望感
打ち取った時の達成感、ともに充実している







ベースの数

一番多くて
1チーム6人の3ベースでやってました

4ベースもありでしょう


野球盤式にベース無しがメジャーか







ボジション

1:投手、バッター

2:投手、バッター、捕手

3:投手、バッター、捕手、ファースト、バック(守備全般)


後はベースの数と相談の上





バット




画像はググって拝借


ダイソーのバット使ってます
こいつを大学の教室の扉付き棚に隠してました

10回戦は持ちませんが、ビニールテープ付けにしたりしてました
何より恐れ入るほど丁度いい

付属のボールがありますが、我々にはピン球があります







場所

肝心な項目

実は屋内スポーツ
その理由は、ピン球が風に泳がされやすいため

仕方なく屋外でも、なるべく風の吹かないところへ








ボールカウント

僕らは3ストライク8ボール2アウトでした
だって投高打低

最初のころの4ボールはキツいのよ





その他

振り逃げなし
捕球難しいもん



死球
ボール扱いか乱闘か選べよ






こんな感じ
思い出したら追記しとく




ではでは
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
| HOME |
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
みらいくん
性別:
男性
職業:
地球防衛軍
趣味:
いろいろ好きなんです
自己紹介:

(´●ω●`)ハローベイビー
最古記事
(08/25)
(09/01)
カウンター
拍手
忍者ブログ [PR]