忍者ブログ
[269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハイハイ


第2話見れたー


11月19日



昨晩
以外と現場がすんなり終わって、帰宅とほぼ同時に見れました



2話「麗しのカラオケモデル、探します」


ネタバレあり


あらすじ
バーでご飯中の多田と行天だが、支払いは今回もツケ。
そろそろ払ったら?とママに急かされている時、ある客の姿が気になる。

カラオケを流しているのだが、歌わない男がいた。
男は画面をただ見つめるばかりで、他の客とモメ始める。

先のドサクサに紛れて抜け出した多田と行天。
翌日、ママから「便利屋と聞いて」と昨日の不振な男が事務所に訪れた。

何でも、あのカラオケで流れる映像のモデルに一目惚れしたそうだ。
さすがに専門外と渋る二人だったが、店のツケを全て払うという男の言葉に立ち上がる!





なかなか展開が進まないなーと思いきや、終盤で一気に片づけにきた
そこに違和感はなく、よく出来た内容

無駄と思われる説明やカットを極力省いている印象だった

映画に比べてギャグシーンが確かに増えている
あの映画で色々やられたらくどいけど、テレビ版なら鼻につかず、特権なのか




やっぱり子どもの話
結局のところモデルさんはかなり歳をとり、他所でバーをやっていた

多田達が訪ねて事情を話した際に
「私にせっかく会いたいというのに、今の自分では会えない」
というのがモデルさんの心境だった

しかし、多田達は男をモデルに会わせることを決意し
「既婚なので今夜限り」と断った上でバーに男を送り届ける


男が店に入ると、あの映像の女性が居た




今回のオチ
店に居た若い女性はモデルの娘
既婚とは言ったものの、男はすでにおらずモデル自身もシャブ中のアル中

行天と晩酌を交わす中で「娘だけが人生の全て」上機嫌なモデルに対して、
「ちゃんと育て上げたんだから、あんたはえらいよ」と返す行天は自嘲の笑みだった




映画バレ
多田は娘を亡くしているが、行天は違う
元妻が子ども欲しさに「契約」ということで子どもをつくった

戸籍上で妻だっただけの関係だが、劇中では行天を気にかけていた
そして行天もしがない金額のお金を送り続けていた

行天の娘「春」はもちろん生きているが、本人同士が会ったことはない



虐待で親の愛情を知らず育った行天

「でもね、俺は知りたいんだ。人はどこまでやり直せるのか」

映画終盤で多田にそう告げ、姿を消す


何のしがらみもなく生きている様な彼も、
本当は大事にしたかった家族への罪悪感なり後悔なりがあるらしいことを今回の話で確信しました


やり直せることはないが、自分で変えていけるという多田
やり直せるうちに頑張った方がいいよという行天


言い分は違うが、妙なバランスで保たれているのが魅力的だ



ではでは
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
| HOME |
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
みらいくん
性別:
男性
職業:
地球防衛軍
趣味:
いろいろ好きなんです
自己紹介:

(´●ω●`)ハローベイビー
最古記事
(08/25)
(09/01)
カウンター
拍手
忍者ブログ [PR]