忍者ブログ
[386]  [385]  [384]  [383]  [382]  [381]  [380]  [379]  [378]  [377]  [376
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハイハイ






燃え上がーれーガンダムー



8月3日



映画







「苦役列車」


あらすじ
父親の起こした事件で一家離散、中卒でその日暮らしの日々を送る男、北町貫太。
夢見ることもなく卑屈でド最低な人生を歩んでいたが、ある日仕事先で同じ19歳の日下部と仲良くなる。

日下部と行動を共にするようになり、北町はある相談をする。
読書が趣味の北町が行きつけの古本屋で働く女の子が気になっており,日下部の仲介もあって友達になることに成功し、北町の日々は好転し始める…




森山未來くん
主演を張った彼の芝居がとにかく素晴らしい
画面の中に居るのはまさしく北町貫太そのもの
モテ線とははるか対岸に位置する役柄を見事に演じきっています

今まではダンスが上手いていうだけだったんですが、
思わぬ形で実力を見せつけられました








「ももへの手紙」


あらすじ
父親の他界により、母親の故郷の島に二人で移り住んできた少女もも。
ももは父親とケンカしたままになっており、彼が最後に残したのは「ももへ」とだけ書かれた手紙だけであった。

そうして鬱々と始めた島民生活にも慣れない彼女の前に三匹の妖怪が姿を現す。
いたずらをするばかりで、ももの家からも絶対に出て行かない彼らには、実は大事な使命を受けた秘密があって…



ここ最近
金曜ロードショーのおかげでジブリ作品を見ることが多いですよね
ジブリラッシュも昨日のラピュタで終わりましたけど、僕は「耳をすませば」が一番でした

作画、構成が美しすぎます
セル画アニメの味は最高です

話戻って「桃への手紙」は昨年公開の近代アニメ
動きのある機械等にはCGが使われていますが違和感
でも,そう言う部分以外は丁寧で良かったと思います

結局この手のアニメ作品のストーリーの主幹は普遍だから、そう言うところに目がいきやすいです


主人公の声をあてた美山可恋ちゃんですが、もう16歳なんだってね










「タンポポ」


あらすじ
他界した旦那の跡を継いでラーメン屋を必死に続ける女たんぽぽ。
しかし、彼女の作るラーメンは決して誉められたものではなかった。

ある日、この店に立ち寄ったトラック運転手のゴローはちょっとしたことで
彼女に弟子にしてくれとせがまられ、この店を行列店にすると誓う…




伊丹監督
噂によると世界にラーメンを広めた映画らしい
映画の冒頭でラーメンを食べる正しい所作なるものがあるが、もちろんそれは全てでっちあげ
でも、この映画を見た外国人はラーメンの正しい食べ方が存在すると思い込んでいるらしい

そもそも当時としても一種類の「食」について取り上げる映画自体珍しかったとのこと



途中本編とは全く関係のない「食」についてのシーンが挿入され
効果的なのかどうかはともかく、そういう遊びももしかするとこの人からなのではと思ってしまいます

こういうシーンが多々あるんで、コメディ系ながら抽象的な映画だったという感想
その点三木監督でだいぶ免疫付けていたので抵抗なかったです


山﨑努さんが相変わらずカッチョよすぎでした




さて銭湯いくかな



ではでは
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
| HOME |
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
みらいくん
性別:
男性
職業:
地球防衛軍
趣味:
いろいろ好きなんです
自己紹介:

(´●ω●`)ハローベイビー
最古記事
(08/25)
(09/01)
カウンター
拍手
忍者ブログ [PR]