忍者ブログ
[383]  [382]  [381]  [380]  [379]  [378]  [377]  [376]  [375]  [374]  [373
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハイハイ





しんちゃんは今もよく見ます



7月27日



映画






「ベルベット・ゴールドマイン」


あらすじ
70年代グラムロック全盛の時代。
そしてグラムのみならずポップスの帝王として君臨していたブライアン・スレイドであったが、とあるライブで殺人予告を出され予告通りライブ中に銃殺されてしまう。

しかし、その出来事は狂言であることが発覚しスレイドの人気は瞬く間に地の底まで落ち忘れられてしまう。

それから10年の歳月が経ち、雑誌記者であり、かつて自分もそのムーブメントに夢中だったアーサー。
彼は上司の勅命で例の狂言から失踪したスレイドの軌跡を追うこととなり、そしてそれはかつての自分を辿る旅でもあった…






デビット・ボウイとイギー・ポップのお話
「ラスト・デイズ」みたいなもんです
ストーリーよりも映像って感じでした。延々とPV見とる様なそんな感じ












「ホーンテッド・マンション」


あらすじ
夫婦で不動産を経営するエヴァース一家。
家族旅行に出かけようとした矢先、それは高級な邸宅を売りに出したいという電話が入る。
仕事熱心すぎる夫ジムはこの依頼を承諾。旅行の前に少し寄って行くことに。

あまりに豪華な館にジムは興奮を抑えられなかったが、実はこの館は自縛霊の住みついていた…



先日のネズミ園訪問の影響です
何かアトラクションが先で映画になったのはそれからなんだとか


エンターテイメントの完成度高い映画だと思いました
ホラーということに縛られず老若男女楽しめるのではないのでしょうか
さすがのディズニー











「マルサの女」


あらすじ
税務署で働きすぎるほど働く女・板倉亮子。
その働きぶりが認められ国税局査察部へ移転する。

マルサの激務を物ともしない彼女であったが、ある日権藤商事の脱税疑惑に着手する。
この権藤商事、板倉が税務署時代から目をつけていたがアラを探せず手を引いていた牙城であった。

マルサとして新生した板倉の追撃が始まる…!





伊丹監督やっぱり面白い
何か昔はテレビでもやってた気がするけど、そんなね、ちゃんと見たことないので拝見

山﨑努さんのカッコいいことカッコいいこと
ついでに「お葬式」もまた借りたけど、カッコいいことカッコいいこと


ガサ入れのスピード感がたまらん
メインテーマですかね、あの曲も頭に残りやすいですよね


伊丹監督しばらくハマりそう



ではでは
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
| HOME |
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
みらいくん
性別:
男性
職業:
地球防衛軍
趣味:
いろいろ好きなんです
自己紹介:

(´●ω●`)ハローベイビー
最古記事
(08/25)
(09/01)
カウンター
拍手
忍者ブログ [PR]