忍者ブログ
[67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハイハイ





11月26日


昨日
久しぶりに焼き肉食べた
そんでもってアルコールも一緒しちゃったりで
この組み合わせって何年ぶりだろって

思わぬ展開で高くついたけど、まいっか




映画





「Train Spotting」


1996のイギリス映画
スコットランドを主な舞台に薬物中毒の若者の日常を描いた作品
日本でも「前評判」は良かったとか


感想
とりあえず汚い、これは断っておかにゃならんかなと
後、エラい生々しい
ベッドシーンとかAVの切り抜きもいいところってかAVだろ

しかし終わってみれば面白かった

スターウォーズのオビ=ワンで有名なユアン・マクレガーが坊主頭で主役を張ってるんだけども
その演技に魅せられた部分は大きいです

「汚い」それ以外はそれはそれは素晴らしい出来だと思います
その汚さてのが観る気が失せてくるのが何ともツライところ

とは言ってもこの映画の世界観と照らしてみたら、納得の汚さなんだけども

観る時期がもっと早くだったら、何かしら影響を受ける可能性はあったと思います









「南極料理人」

今回、期待の一本


あらすじ
ここは南極ドームふじ基地。
南極とは言っても、ペンギンやアザラシはおろかウィルスすら存在しない南極の山。
居るのは私たち8人の男だけ。
みんな各々に担当する仕事があり、私はみんなの胃袋のお世話をしています。
調理担当の西村です。






「ようこそ……『男の世界』へ……」


一言でそういう映画
男子学校てこんなんなんですよ
「食」というテーマが設けられてますが、それよりも彼らの挙動に惹かれっぱなし

おっさんばっかですが、この映画観てニヤニヤして懐かしい…なんて思ってしまったら
間違いなくあんたにも男子の青春はあったんだよって、そんな風に思ってしまうほど親近感を感じる


例えばマイナス50℃のような極寒の地で素っ裸になるとか、閉め出されるとか



「南極」という僕ら一般人には全く接点のない世界ですが
チョイチョイわかりやすく手短に解説も入る安心設計

ありがちな「無闇に事件を挟む」という展開がなく
彼らの日常のみで描ききり、まとまりがあって良かったです

評価が分かれるような気もするけども
僕は特にケチがなく、まだダラダラ観れる気分でした
こういう映画だよっ!の感触はありました

後、この映画での「家族」の扱い方がスゴく好き


ほっこりしたい時に是非観てみてください
みんなで観るともっと面白いだろうなぁ、男ばっかで観るとかも良さげやw


こんな男達でも、少年でも、おっさんでもない
男子でありたいなって



ではでは
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
| HOME |
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
みらいくん
性別:
男性
職業:
地球防衛軍
趣味:
いろいろ好きなんです
自己紹介:

(´●ω●`)ハローベイビー
最古記事
(08/25)
(09/01)
カウンター
拍手
忍者ブログ [PR]