忍者ブログ
[183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハイハイ





何故にこういう予告動画を貼ってこなかったのか…



7月19日



映画






「ツレがうつになりまして。」


あらすじ
売れない漫画家ハルとその夫ツレ。
結婚5年目を迎えた夫婦に突如として現れた困難。

ここ最近冴えないツレがうつ病にかかっていた。
誰でもかかる病気ながら、それとして認知されていない障害に夫婦は…





新作から降りて来て7泊8日になったので借りました

堺さんは好きなんだが、宮崎あおいてのが苦手で少し敬遠気味でした



感想はイマイチかなぁ
タイトルでどうにかって感じです

うつ病の映画じゃなくて
「絶えない夫婦喧嘩の末に仲直りする」なんつー映画でも
そんな中身変わんねえような気がします




ツレの病院知り合いの男
離婚が「原因」でうつになりましたってやつなんだけど、
こういうキャラこそもっとピックアップすべきだったのではと

ツレには嫁が居て、助ける手だてがありますから
そこらの対比をより描いて欲しかった

そもそもが自伝だから、そこらを扱うのはナンセンスだと思うけどね

嫁の台詞で「うつになった原因は何?」じゃなく「うつになった意味は何?」
でサラッと括ってる気もするけど、
それはそれで余裕の違いだよなと流されても仕方ないよなぁとか思う



うつとの付き合い方とか一通りのピリオドは見せてますが、
正直置いてけぼり感は否めません
いつの間にか「おめでとーおめでとー」みたいな

患者の側に居る者として嫁視点で話が進み、
徹底してその視点で見続ければ「映画の意味」みたいなもんはそれで十分だろうけど


それにしても堺さん本人の
「得体の知れない魔物」の様なシリアスな描写、表情が欲しかった
そういうテイストの映画だとしても優しすぎる

何か、また違う病気の人のようにも見えたし

あったかいヒューマンドラマですよとか言われたら反論の余地はないけどね
でもそれは、この映画を手に取る人間の想像は違うんじゃないのと思う





「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」
の方が、あらゆる面で上手だったとは思う



まぁでも、この手の問題をソフトにでも扱う映画があるのはイイ事だと思います



今回は
流行映画だよなーって感想です
珍しくダメ出し回だな…



先日の「探偵はBARにいる」は追記しときます



ではでは
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
| HOME |
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
みらいくん
性別:
男性
職業:
地球防衛軍
趣味:
いろいろ好きなんです
自己紹介:

(´●ω●`)ハローベイビー
最古記事
(08/25)
(09/01)
カウンター
拍手
忍者ブログ [PR]