忍者ブログ
[230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハイハイ




うはwww


10月1日


徹夜
仕事が全く捗らん

やっぱ土日完全に引きこもりになったせいか、頭やら身体やらがそういうモードにならんのだ

別に帰っても良かったんだけど
退勤時刻辺りで一回モードが入ってしまって会社にお泊まりコース



晩ご飯食べてスイッチOFFのピンチ
そして何を思ったか







きいいいいいいいいいいいいいん!!!!



大変な事になっていたのである

というわけで
今回の日記は鳥山明もといアラレちゃんをちょっと真剣に描いてしまった話






主な参考画像はこれ
2.5頭身が正解のようだが

僕さんのは2頭身がいいところ
だいたいこの手のデフォルメキャラを描くと2頭身になる
もうそういうのが持ち味なんだと思うことにする



鳥山明と言えばドラゴンボールなんだが、彼の真骨頂はメカ画に違いない












3枚目は昔からホント好き


描き込みはすごそうなんだけど、この人の絵をバラすと
えらく幾何学的な線が浮かび上がる

幾何学的というのも違和感があるんだけど
なんだろう「これはこういう形!」というのが常に決まってて、
そして必要な情報だけ盛り込まれてる「鳥山ルール」みたいな規律を感じる


ということは
鳥山さんの頭の中で全て3次元として一度出現しているように思えるんです
実在しないカプセル社のトンデモメカにしても例外でないんじゃないのかと





アラレちゃんを描いてて驚かされたのがボディでした





左手の下、脇の部分なんだけど
ここのラインは真っすぐ落ちてパンツに流れる

かわいい感じ、子どもっぽい感じを出すならここのラインは膨れたりする





コックさんなんかは好例じゃないかと


しかし、アラレちゃんでこれをやると
たくましいプロレスラー体系になった

つまり
マスコット的な構造をしてなくて、ボディ自体は人間的な骨格になっているんです
えらく肉付きはいいけどさ

らくがきのやつでもまだふくれてる方で、もっとストンと落としていいはず
そして足でも同じ現象が起きました

たぶん動きのある絵だと膨らんできそうな気がします



描いてて感じた事は
キャラクターというより人間を描いてる感覚でした

首より上は自由に描けたんですが
それ以降は他の見解を許さぬ黄金比を探る展開でした



仕事しよ…




ではでは
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
| HOME |
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
みらいくん
性別:
男性
職業:
地球防衛軍
趣味:
いろいろ好きなんです
自己紹介:

(´●ω●`)ハローベイビー
最古記事
(08/25)
(09/01)
カウンター
拍手
忍者ブログ [PR]