忍者ブログ
[189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハイハイ





GT400


7月25日


映画

予備選考会も終わりまして、今年も後半戦という感じですか






「ひき逃げファミリー」


あらすじ
仕事の付き合いから車で帰っていた父は、ひどい雨の中オーディオをいじりながら脇見運転。
すると、自転車に乗った若い女性を撥ねて、その場から逃走する。

家に戻り家族に打ち明け、自首すると告げる父だが、
母はそうなると家族はメチャクチャになると主張。

「これ以上、不幸な人間を増やしてはいけない!」

母はそう言うと「考えがある」と行動を開始する…




1992年の少し古い映画
まーありえない話なんですが、映像が今より粗いもんだから
何か変にリアリティがあるっていうか…


長塚さんがすげぇ若い!
「ナースのお仕事」の松下さんの旦那さんです




そう少し展開を話すと
事故車を家の中に入れて、同じ新しい車買って来て
で、証拠隠滅に事故車をリビングで解体し始めるというトンデモ話


この一連の出来事を痺れる声色な母役の中尾ミエさん(若い!)が中心になって進めていくんですけど、

腕がみるみるたくましくなっていくw


「これ以上、不幸な人間を増やしてはいけない!」


その不幸な人間は被害者だろwとか突っ込みどころ満載ながら、
物語冒頭からただ者ではなかった母



中学の息子は登校拒否
娘はフリーターみたいで、その先の男と不倫
爺さんはボケ老人

元々上手くいってない家族の中で、それまで誰も見向きもしなかった母に注目が集まっていく
ひき逃げ以来「楽しんでいるようだ」と父に言われるが、それは事実で
やっと自分ががんばっているのが見せつけれると母は言う

そんな母を中心にバーナーやら丸ノコを持ち出して車をバラす内に家族がまとまっていく展開
このバーナーの火の具合がドンドン鋭くなっていったり(リビングで)
ボケ老人が戦時下で鍛えた鉄工の腕を振る舞ったりと





何が何だかわからない…



でも
こういう事件が起きているのに、それ以外のあるべき日常は日常として機能しているおかしさ
そういう風景に邦画は強い気がする


と言うのも、アメリカの日常を見せられたって
日本の日常が僕らのスタンダードだからっていうだけなんだろうけどさ

観てる者としても入って来やすいよね



それと1992年
バブル崩壊とか言われる年で、その時代背景と何かリンクさせる様な感じがしました
これから先の見えない世の中の様なバラバラ家族に止めを刺そうとする出来事に
今一度、家族みんなが打開へ向けて一つになっていく

そんなのが見え隠れしました




ではでは
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
| HOME |
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
みらいくん
性別:
男性
職業:
地球防衛軍
趣味:
いろいろ好きなんです
自己紹介:

(´●ω●`)ハローベイビー
最古記事
(08/25)
(09/01)
カウンター
拍手
忍者ブログ [PR]